" >

カテゴリ:RAMEN(新潟)( 137 )

【18】おもだかや 新潟市

「新潟ラーメン」を最初に世に知らしめた役割を果たしたのが「おもだかや」さん。
新潟のおじ様&サラリーマンは知らない人がいないくらいのお店。バイパスのインターそばにあるから、なおさら。

細ちぢれ&あっさりは、新潟ラ-メンの典型。すごく上品なス-プと麺の相性は絶品。
この味しかなかった時代の新潟を支えた老舗の味わいは一度は食べておきたい。

店員のオバチャンが提供する、元気のいい一杯をお試しあれ。(あの日本酒のPBはいらない)

【場所】竹尾IC、女池ICそばの2件。東京にもあるが。(まだあるかな?)
[PR]
by kikizakeshi | 2004-06-22 00:43 | RAMEN(新潟) | Comments(0)

【13】味千拉麺 新潟市(閉店)

【12】山頭火 もそうですが、全国店が新潟に進出!しかも実家のそば。白山に。
もとパン屋さんの場所に新たにできた熊本とんこつのお店。

フランチャイズらしく、全国どこで食しても同じ感じ(味千は田無で初めて食べた)ですが、いつもおんなじ味わいを提供できるのが、大手の強み。プラス白山駅そばということもあり、学生&サラリーマンが殺到しています!

「香港屋台」のサブタイトル通り、夜は飲み&ラーメン店に変身。私も夜、ビール飲んで、おつまみ食べて、最後にしめのラーメン!という王道をご馳走になりました。しかも、入り口手前のコテージチックなところで。

こういう雰囲気は、けっこういいんじゃないかなあ??
下手に居酒屋の座敷で飲むよりよっぽど開放的。

また実家に帰ったら食べに行きたいと思います。夜遅くまでやっているのがうれしい!

【場所】JR白山駅近く。夜は23:00まで。
[PR]
by kikizakeshi | 2004-06-21 23:59 | RAMEN(新潟) | Comments(0)

【12】山頭火 新潟市(閉店)

「新潟ラーメン」がメジャーになったころ、県内にも全国の有名店が進出するようになりました。まさか、あの山頭火が新潟にできるとは誰が想像したでしょうか??

プレオープンの時にお邪魔して、食べたあのとろ肉チャ-シュ-。食べやすい温度に設定されたス-プ&細いちぢれの麺と梅干し。関東で食した、あの“さんとうか”の味。

オススメの塩はさすが人気店。味噌&しょうゆも味わったが。それはそれで美味しい。丁寧にまとまっている。個人的には、あの食べやすいように設定されているスープの温度があまり・・・
アツアツ希望。

新潟に殴りこみをかけてきた大手の味。果たしてどこまで切り崩せるか??

【場所】新潟市内に2店舗。青山(ジャスコそば)と万代(ダイエーそば)。
[PR]
by kikizakeshi | 2004-06-21 23:50 | RAMEN(新潟) | Comments(0)

【8】来味@新潟数店舗

初めてお邪魔したのは、ラ-メンに目覚めてからしばらくたってから。なんでもっと早く出会わなかったんだろうと、すごく後悔するお店でした。ウマイ!

店内は、いきなりの魚介系の香り!来店前は、アッサリ新潟系か…のイメ-ジだったが、アツアツス-プを口にして驚き!豚骨&野菜などの旨みが絶妙にからみあっている。麺も硬めに茹でられてウマウマ。

仲間と二人でお邪魔し、閉店前でお湯を落としてしまったらしい・・・のだが、一人一人、別々に麺を茹でる最高のこだわりのため、時間差で2杯きた。ウマイのだから、待つくらいは我慢しなきゃ。(15分位は待ったなあ)

「三吉屋」という、新潟のブランドを、さらに複雑怪奇にした旨みあるス-プ。そして麺のコシ。毎日食べたい!と思わせる本格派!


a0023855_2138749.jpg


(2009.再訪)
来味さんをまだ食べたことがない、という仲間がいたので引っ張って行きました。
布川さんは居られなかったのですが、スタッフの方が丁寧に作ってくれました。
スープの旨み、麺の茹で具合と言い、やはりホッとする味わいですね~。


新潟市中央区紫竹1-17-8



11:30~14:30 火曜 第2水曜休
[PR]
by kikizakeshi | 2004-06-19 00:25 | RAMEN(新潟) | Comments(0)

【7】吉相 新潟市

「吉相」なのか「万人家」なのか?
こんな究極?の質問に悩むラ-メン好きは多いみたい。

まあ、おんなじなんだから・・・。

先に【場所】国道113号線、新潟空港方面へ朝鮮学校前バス停近く。マックのそば。河渡・女池にも展開。

背油に、やや濃い目の醤油ダレ。延びやすい麺は「万人家」さんと同じ。モヤシのシャキシャキ感もGOOD。

終わったあとのアイス無料もうれしい。いろんな味が楽しめるんですよね。

いつも行列覚悟の、新潟の人気店です。

a0023855_2024364.jpg


                            (2006.4.3画像&再訪)

★久しぶりに行きました。平つけめんがあるかなあ~と思って。
 さすがに夕方だったので完売してました。泣
 価格・サービス・味。このバランスが見事に取れているからこそなんですよね。
 改めて関心!
[PR]
by kikizakeshi | 2004-06-19 00:18 | RAMEN(新潟) | Comments(0)

【6】万人家 新潟市

「東京とんこつ」という言葉が全国に散らばったのはいつか?
新潟に、この東京とんこつを根付かせたのは「万人家」さんだと思います。

いつ、ここの「こってり」が食べれない体になるか・・・まだイケル!
背油タップリに、トンコツス-プ。味濃い目の醤油ダレ。味チャ-シュ-も他では味わえない感じ。ジュ-シ-さたっぷり。

麺がとってもとっても延びやすい中太麺なのだが、まずシャキシャキモヤシを頑張って食べる。ある程度、具が無くなったかなあ・・・と思ったら一気に麺をかきこむ。これが一番美味しく食べられるのでは??(もう少し、加水率高い麺ならいいのかなあと思ったり)

お昼・土日は超満席。行列必死。だから、空いているときに行ければスッゴク得した気分。最後にもらえるアイスもうれしい。

【場所】紫竹山IC角。ほか、新潟大学など数店舗。

(2004再UP)
[PR]
by kikizakeshi | 2004-06-19 00:10 | RAMEN(新潟) | Comments(0)

【1】三吉屋@新潟西堀

2014再訪 再確認の旅

a0023855_2330769.jpg

中華 600
店内の大半が女性というタイミング。午後12時過ぎ。凄い!
常連さんぽいですね。おばちゃん同志しゃべってる。
カウンターは店主と年配のおじさんとのアットホームな会話。これが三吉屋さんなのかも。
スープ旨みあり。 麺は今回、少々軟らかめでした。 (^-^)

-------------------------------------------------------------------------------

新潟ラーメンは、細麺・上品な醤油、そしてシンプルな具が特徴。三吉屋さんが長年認知されているのは、価格&旨み=アッサリに加えたスープの旨み。シンプルに味わいがある。これが三吉さんのポイント。ゴクゴクスープも飲み干してしまうほど。

ゆっくり味わう人はいないと思うが、麺は延びやすいからね。早く食え!
満腹派なら絶対以上に大盛。でも、サラッと食べて2件目行けば?という感じ。

オーダ-後、3分でラーメンが来ます。そういうラーメンです。
ここで、新潟の味を覚えて次に進みましょう!!!

2004.5.31UP



2008.9再訪
a0023855_22484324.jpg


久しぶりにお邪魔しました。4年ぶりですね。雰囲気は今までと全く変わっていません。
一人でふらっと立ち寄るご婦人の姿を見るのも変わっていない・・・。

口に含んだ瞬間に広がる旨味~~~! パンチが効いてます。やはり美味い!


[PR]
by kikizakeshi | 2004-05-31 23:24 | RAMEN(新潟) | Comments(0)


新潟県内のラーメン店を食べ歩きした記録を記憶。(つばめ@ラーメン兵)


by kikizakeshi

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

【347】仁吉@長岡東坂之上
at 2017-05-11 22:12
【262】円満@長岡大島
at 2017-05-11 21:58
【335】あじと@長岡
at 2017-03-15 09:53
【127】喰拳@長岡
at 2017-03-10 16:54
【574】くらよし@刈羽
at 2017-03-10 15:48

ブログパーツ

カテゴリ

全体
RAMEN(新潟)
RAMEN(東区)
RAMEN(西区)
RAMEN(江南区)
RAMEN(秋葉区)
RAMEN(上越)
RAMEN(中越)
RAMEN(長岡)
RAMEN(小千谷)
RAMEN(魚沼)
RAMEN(三条)
RAMEN(燕)
RAMEN(柏崎)
RAMEN(下越)
新潟県外ラーメン
麺屋 pick up
ラーメン普段食い
雑談トピック?
新潟グルメ(麺以外)
新潟スイーツ
蕎麦食い
未分類

簡単リンク

最新のコメント

> 崖フチ子さん たま..
by kikizakeshi at 10:05
> 崖フチ子さん そう..
by kikizakeshi at 09:54
琥珀中華は傑作ですよね。..
by 崖フチ子 at 07:01

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北陸
食べ歩き

画像一覧