" >

カテゴリ:RAMEN(上越)( 49 )

【246】松茶屋@上越

11月24日、松茶屋さんに初訪問。
上越の人気店・オーモリさんもそうですが、松茶屋さんも、ドライブン的な作りのお店。
このスタイルは上越の定番??

駐車場が満杯・・・。本当にすごい。ラーメン店ではなく、大衆ドライブイン。
でも、ラーメンそのものは、上越ラーメンの味わいでした。甘く切ない味わい!

アイドルタイムはナシで、いつでもウエルカムの店構え。ゆっくり食べるなら昼時は避けたほうがいいかも。
とにかく混んでいました。

待望のラーメン。

a0023855_20524269.jpg


多加水の太め縮れ麺。
上越らしい甘めのカエシ、スープは濃度はそんなに詰めてない印象。
二種類の肉に味メンマ。

スープあつあつで、スペックには満足です。
スタッフもかなりいらっしゃるのですが、みんなテキパキ機能していました。


ラーメン以外にも様々なメニューがあるので、サラリーマンは毎日来ても飽きないのでは?
実際そういったお客さまも多く見受けられる感じでした。老若男女に受け入れられている印象でした。


新潟県妙高市柳井田134
10:30~20:30
水曜休


[PR]
by kikizakeshi | 2009-12-28 23:32 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【241】上越家@上越

上越に、吉村家直系のお店がOPENしたと聞いて3か月。ようやく訪問しました。

国道沿い、糸魚川方面からは車でスムースに入れる。新潟方面からは入りずらい立地にある。
夕方の訪問でしたが、店内は多くのお客様で賑わっていました!

食券制。

固め、多め、濃いめ・・・ にはせず、すべて普通でオーダーです。汗

a0023855_2327118.jpg


スープ。さすが。本家を思わせるモミジの旨みにトンコツの味わい。風味豊か!
そして新潟では濃いめに感じるタレ。関東では、あのくらいが普通だと思います。

特注の麺。短い・・・ 吉村家さんもあの麺を使用しているのでしょうか??
俺的には、もう少し長いほうがスープに絡むと思うんですが。
麺とすするというよりは、麺を食べるという感じになってしまうのが残念でした。

新潟県内、家系の味わいも増えましたが、スープに関しては1.2位ではないでしょうかね。
店主は魚津の家系で修行ののち独立とのこと。これでも、直系9件目となるんですね~。

新潟県上越市下源入173-1
11:00~21:00
月曜休


[PR]
by kikizakeshi | 2009-11-12 00:00 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【218】宝来軒@上越

GOGOさんにはお邪魔したことがあったのですが、本店さんにお邪魔したことがなく、今回初。
昭和8年創業というからすごいですね。

店構えに驚き。中華料理屋さんじゃん! 町の大衆食堂といったところでしょうか。
ビールのおつまみもあるし、メニューも豊富。地域に根付いているんでしょうねえ。

ラーメンを注文。
a0023855_2115967.jpg


うまい!

食欲を掻き立てる魚介の香り、複雑な味わいのスープ。油の絡みもよい。
麺は白く、角がありのど越しがよい。噛むとプチプチと切れる。

ごろりとした味ある肉。メンマは普通。


いやはや御見それしました。m(__)m
おそらく現店主が研究し、昔からの味わいに深みを増して完成させた味わいなんでしょうね。
もしこの味が、創業当時からあったのであれば感動ものです。

つけめんも一口戴きましたが、つけだれも濃厚で、麺も通常のラーメンとは違い太麺。

11:30~15:30  17:00~21:00
不定休

新潟県上越市大町4-1-5


(2009.6訪問)
[PR]
by kikizakeshi | 2009-07-04 21:16 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【217】リラックス@上越

米を原料とした麺を出すお店があると聞き、お邪魔してみました。

到着したのは、上越市民プラザ。カフェじゃないですか・・・。

上越の塩わーめんと書いてある。1日限定30食のようだが。

上越塩わーめん 840円

上越産の「越のかおり」という米から作られた麺だそうな。

a0023855_20333034.jpg


スープは、鶏の雰囲気で、引き締まった塩味。ラーメンのスープというよりは、

なんだろう?? 中華スープ系?

鶏肉に長ネギ&水菜。海老油、青のりなどいろいろ乗っかっている。ラーメンの具というよりは、

なんだろう?? 薬膳系??

麺はスルリと通る、白い平打ち麺。弾力が強い。噛みごたえもある。

ラーメンというよりは、

なんだろう?? 冷麺系?

和風ではない、洋風?アジアン?な一杯でした。
こういった、新しい発想もあってよいと思います。

11:00~18:00
第3水曜休

新潟県上越市土橋1914-3


(2009.6訪問)
[PR]
by kikizakeshi | 2009-07-04 20:49 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【216】あさひ楼@能生

水曜日。上越の温泉めぐり。なら、昼は、能生にあるあさひ楼さんへ行かなくては!
月曜定休のために、訪問がなかなか出来ず、この度はじめて訪問しました。

国道から町中に少々入った場所、高台の一軒家が店舗。自宅とお店が一緒になっている。
かつて、喜多方でみかけたことがあるが、まさか新潟にそんなラーメン専門店があったとは・・・

車を止めて坂を上がり、家の玄関を入る。
右側にある冷水機で水を汲み、そこでオーダーして、さらにレンゲと箸を持って座敷に上がるシステム。初めての人は分らないわ、こりゃ。

周りのおじちゃんとおばちゃん、みんな大盛食べてるみたい。量が少ないのかな?
畳敷きの広いお宅のテーブルに座っていると、待望のラーメンが登場。

a0023855_19442986.jpg


すっごい脂・・・。まさかのビジュアルにビックリ。

そして肉の上に胡椒がかかってる。う~ん、なるほどね。

胡椒を混ぜずに、そのまま肉をどんぶり端っこに寄せる。スープをひとくち。

お~、煮干し。

なんか燕系に似た印象すら受ける。
タレが甘め。でも塩分もかなりあるので、だらだらした感じはありません。
表面の脂効果もあって、スープもアツアツ。

麺は、噂どおりの柔らかめ。でも、芯がしっかりしているから、このモッチリ感でもアリだと思う。
普通盛りでもボリュームあるし。

やや大きめに刻まれたタマネギもGOOD。

最後に胡椒味の肉と香るメンマを食べこなして完食。
いや~、こんなラーメンだったとは。感心しました。この味わい、上越では珍しいと思うのですが。
賑わってました。地元の人&噂を聞いて来られたかたとかで。

新潟県糸魚川市能生4571-1


11:00~19:00 月休 金曜と祝日の月曜は14:00まで

(2009.6訪問)
[PR]
by kikizakeshi | 2009-07-04 20:22 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【204】昭月@上越大潟

前はラーメン専門店ではなかったような気がします・・・。
外観が一気に変化して、ラーメンに特化した感じ。こうなればお邪魔しなくては。

食券。その外観からイチオシを感じるとんこつをオーダーです。

a0023855_21264118.jpg


見た目濃厚そうですが、口にした最初から、乳化したとんこつはまったくクセがない

とんこつよりも最初に感じる??
油感。炒め感。なんで?? 具材を炒めているようには思えないのだが。


麺は2種類から選べる。
ごま、万能ネギ、肉二枚。肉はとても食感が良いです!

740円は、少々値ごろ感がありますが、今度は麺を変えて御馳走になろうと思います。
もう少し、パンチが効いた方が、俺は好みでした。


営業時間 11:00~14:30 18: 00~21:00
月曜休
新潟県上越市大潟区渋柿浜1770
025-534-4775

(2008.10訪問)
[PR]
by kikizakeshi | 2008-12-03 22:33 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【200】らーめん居酒屋 越後白扇@上越市

名古屋コーチンと焼きアゴを使って・・・贅沢な素材をふんだんに!
こんなフレーズでCMされれば、行きたくなるのが当たり前!?

平成14年OPEN、私の訪問は平成20年・・・。はじめまして!!

上越市もラーメン激戦区となっています。6年間、こだわりの一杯を提供してきたわけです。

和食人らしい厳しさやこだわりが厨房から伝わってきます。
それに応えられないスタッフ?のおばちゃん(?)。一人でテンパってました。
水を出せなかったり、お会計を誤りそうになったり。味以外の部分でロスがあるのはやっぱり厳しいですよね。

かなり待った後に登場したラーメン。
澄んだスープに、キラキラした鶏油がまぶしいビジュアル。

a0023855_2021936.jpg


具は、肉、メンマ、海苔、ナルト、ネギ。玉子は半熟で美味い!

ちぢれ麺・・・加水高いのに茹で時間が長かったのか、締まりがない。これ一番残念!

一番のこだわりを感じ取りたいスープ。
上品さを狙っているからだとは解っているのですが・・・

名古屋コーチンやアゴ出汁の良さが伝わりづらいなあ。。。
素材のパンチが感じ取れません。何か一つでも突出する味わいが感じ取れればよかったのですが。まだまだ未熟ですね、俺も。

コーチン、上品に炊くよりも、思い切って炊いたらダメなんでしょうか!?
そのほうが、丸鶏全体の旨味がスープに伝わるのかなと思ってみたり。
(でもラーメンの鬼と言われた佐野@支那そばやは炊いてないかも)

ランチだと、どでかいおにぎりが二個つくんですね。。。

マスターが素材にこだわる姿は、夜の酒肴メニューのほうも期待してしまいます!
銘酒を飲みながら、そのこだわり話を聞いてみたいです。演歌を聴きながら~♪

11~14:30 17~23:00  木曜休
上越市下門前字薬島810-1
025-544-7851

(2008.9.1訪問)
[PR]
by kikizakeshi | 2008-10-27 20:56 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【199】手打ちラーメン さっぽろ@頚城区

店名が「さっぽろ」なのに、味噌じゃない。自家製手打ち麺の人気店が上越にあると聞いてお邪魔しました。工業団地のなかにあり、ちょうどお昼休みに着いたせいもあってか、店内は大賑わいでした。

メニューも豊富です。
看板メニューのとりこつらめんをオーダー。

a0023855_1930271.jpg


参考本には、煮出してさらに煮込んで熟成させたスープとある。
見た目からは、濃度は感じません。画像を見ていただくと分かりやすいです。

スープをひとくち・・・やはりパンチはない。

鶏白湯は、以前に加茂の「雷電」さんで食したことがあるのですが、インパクト控えめの、すごくやさしい味わいが特徴でした。さっぽろさんのスープもそう。
鶏の水炊きを想像してください。豚の荒炊き的な、野獣な印象は皆無ですよね。

醤油ダレは甘め。

麺は、噂の太い手打ちちぢれひねりが加わっているので、うまくスープを拾ってくれます。これは秀逸!

具は塩味強い肉、メンマ、海苔。
スープにパンチがないぶん、具にインパクトをつけるといいのかなと思ってみたり。

鶏白湯以外のメニューも豊富でした。辛いメニューもお勧めだそうです。
濃度のあるスープで、あの麺をすすることができたら・・・またチャレンジですね。

11~14 17~21:00  火曜休
上越市頚城区上吉194-7
025-543-8530

(2008.9.1訪問)
[PR]
by kikizakeshi | 2008-10-27 20:31 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【197】杉村そば店@妙高市(新井)

ラーメンしかメニューがない。そういう情報を聞きつけてお邪魔しました。
でも冷やし中華、ありました。店内表記は「サマー中華」。思い切ったな・・・

狭い道路で窮屈に車を停めて入店。畳の座敷におじいちゃん二人。
昼間から酒を飲んでいるのか?と思いましたが、そうではありませんでした。清酒「鮎正宗」の空き瓶が数本、畳の横に置いてあったから、てっきり。(苦笑)

店内にいたおばちゃんが、水を持ってきてくれたので、オーダーしようかなと思ったら、なにやら大声を出して去って行った・・・。どうやら親切な隣の?おばちゃんだったようだ。椎間板ヘルニアがどうだとか・・・?

だ~れも注文取りに来ないので、厨房をのぞいたら、店主が一人で黙々と作業中。

「お父さん、中華・並で」

「あいよ~」

なごやか。

そのあと、3組、いかにも地元という方々が入店。
その人たちも、しばらく待ちぼうけ。注文取らない、ラーメン作るのはマイペース、これはかなりの地元密着店!?(笑)

a0023855_18115163.jpg


やっとラーメンが来ました。並盛りの割には、量が多いなという印象。

手打ち自家製か。麺はかなりの不揃いさ。

レンゲなし。
スープはインパクトが弱い。麺茹でのエキスもかなり入ってしまってますね~。
麺も緩い感じ! コシが感じられないかな? 久々に強烈な郷土食に出会ったぞ。(笑泣)
軟らかいメンマにノリ、ネギ、小さく塩味強い肉が2枚。

しばらくして思う。

麺が減らないよ・・・

麺をすするというよりも、細い「ほうとう」?を口に送り込んでいるかのようだ。
ギブアップ寸前・・・

なんとか完食はさせていただきました。

お腹いっぱいです。すべてが緩い。こんなソウルフード、存在するんですね。感銘!

杉村屋なのか、杉村そば屋なのか、杉村そばやなのか、正式名称はどっちなんだろう。


新潟県妙高市白山町1-2-4
0255-72-2177
11:00-22:00
[PR]
by kikizakeshi | 2008-09-08 18:39 | RAMEN(上越) | Comments(2)

【196】北京@妙高市(新井)

以前、新潟の情報誌・キャレルで紹介されていたのを思い出し、お邪魔しました。

現在、お店を切り盛りするお母さん。その父上が「華僑」で、大正時代に日本に渡ってきたとのこと。その後、青海町で「旭海軒」を開店、昭和22年に上越に移転、26年に「北京菜館」の名で現在の地に落ちついたそうです。

37年に父上が他界、母と姉が引き継ぎ、41年から現在のお母さん(六女)が一人で頑張っておられると・・・その時に店名を、現在の「支那そば 北京」に。

中国渡来のラーメンを地元用にアレンジして完成したという先代からの味わい。
どんな味なのでしょうか??

駐車場に車を止めたとたんに、店内からお母さんが出てきて、こちらの様子をうかがっていたのはビックリしましたが・・・

「北京さんの駐車場はココでいいんですか??」

「そう、そこに停めて!」

怖っ。でも、ひと安心。

店内に入るやいなや、電気が付いてクーラーのスイッチが入り、常温の水に氷が入って出てきた。今日はヒマモードだったのかな?

私が入店してオーダー後、数人がポツポツと。常連さんっぱい感じ。

a0023855_182422.jpg


肝心のラーメン。あっ、支那そばか。

レンゲなし。油もほとんど浮いていない。スープをひとくち。

なんとも和風だなあ。支那そばというより、蕎麦だなあ。

加水高の白い麺(自家製麺のようです)、ズルズルっとすする。食感も長さも切りかたも、、、

蕎麦だなあ。笑

具は固メンマに少量のネギ。
そして四角形の、小さくてやわらかい肉。間際切りだったので、パサつかずに美味しい!

昔から残る、古き良き時代のそばでした。


妙高市朝日町1-5-11
11:00~14:00 17:00~21:30
日曜14:00以降休
駐車場・隣の2番
0255-72-2335
[PR]
by kikizakeshi | 2008-09-08 18:04 | RAMEN(上越) | Comments(0)


新潟県内のラーメン店を食べ歩きした記録を記憶。(つばめ@ラーメン兵)


by kikizakeshi

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

【347】仁吉@長岡東坂之上
at 2017-05-11 22:12
【262】円満@長岡大島
at 2017-05-11 21:58
【335】あじと@長岡
at 2017-03-15 09:53
【127】喰拳@長岡
at 2017-03-10 16:54
【574】くらよし@刈羽
at 2017-03-10 15:48

ブログパーツ

カテゴリ

全体
RAMEN(新潟)
RAMEN(東区)
RAMEN(西区)
RAMEN(江南区)
RAMEN(秋葉区)
RAMEN(上越)
RAMEN(中越)
RAMEN(長岡)
RAMEN(小千谷)
RAMEN(魚沼)
RAMEN(三条)
RAMEN(燕)
RAMEN(柏崎)
RAMEN(下越)
新潟県外ラーメン
麺屋 pick up
ラーメン普段食い
雑談トピック?
新潟グルメ(麺以外)
新潟スイーツ
蕎麦食い
未分類

簡単リンク

最新のコメント

> 崖フチ子さん たま..
by kikizakeshi at 10:05
> 崖フチ子さん そう..
by kikizakeshi at 09:54
琥珀中華は傑作ですよね。..
by 崖フチ子 at 07:01

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北陸
食べ歩き

画像一覧