" >

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【578】あした@上越

鶏豚魚介の看板 麺屋あしたさん 2016年11月にOPENです。

醤油白湯麺 850
a0023855_10141322.jpg
随所にこだわりの表示が。タレに岩の原ワインの赤を使用しているとか。
鶏胸・豚バラ、桃色の豚ロースの三種類が鎮座するこだわり。
スープからは鶏アタックからの豚の旨み、魚介の風味と伝わってきて、
これは無化調ですね。とてもやさしい(^O^)
カドがある 長めの中麺。スープ拾います。スルスル~っと心地よく!


らーめん 700
a0023855_10134359.jpg
アジとサバ煮干しだそう。アタックから和の雰囲気がズバッと口中に広がります。
シジミエキスも投入で、旨みがUP。こちらは、豚バラ&鶏胸の2種。
あぶらコーティングもしっかりで、スープもアツアツ!

店主のこだわり&やさしさが伝わってくる味わいでした (^^)
味わいは軽快に感じるかもですが、芯のしっかりした部分を感じてもらいたい!
美味しく頂きました m(__)m

11:00~14:00LO 17:30~21:00LO 木曜休
上越市石沢1409-3



[PR]
by kikizakeshi | 2017-06-21 10:40 | RAMEN(上越) | Comments(0)

【395】一晃亭@寺泊

2017.6 海老塩
a0023855_12035542.jpg
限定50食 ベースは鶏で塩。甘エビのペーストが混ぜるごとに味変。
素材の味わいダイレクトに感じる優しい味わいに中加水の細麺が心地よい!

麻婆麺
a0023855_12040120.jpg
相変わらずの自然の旨み。一晃亭ならではの煮干しテイスト。
中麺と餡が絡み合う! 辛くする必要は、これに関しては不要!

2016.11 塩 750
a0023855_23585383.jpg
久しぶりすぎる訪問で、いままで食べれなかったをご提供いただきました。
鶏だし旨みのスープに、煮干しの風味が香ります!
油からも煮干し? アツアツのスープから飛び出す麺とよく絡む
具材が別添え。3種の肉が、製法・味付け・食感すべて異なり
メンマも味付き、そこにラー油の辛み。加えて味たま。青菜シャキシャキ!
焦がしネギのアクセントも光り。手が込んでいます!!!!

至福の一杯!! (^O^)/

2016.6 一本鶏そば トリュフ添え あじたまサービス♪
a0023855_10570847.jpg
鶏の味わいが何層にもわたって口の中を駆け巡ります。
そこにパツッとした全粒粉麺がズズズと絡んできて
鶏チャのなかに海老、揚げ肉がまたジューシー
揚げ野菜が風味を出し トリュフを溶かしてスープに深みを
お見逸れいたしました m(__)m

細やかな作成方法は、企画者双方のお話を参照で (^-^)
http://ameblo.jp/swamp1201/entry-12163254189.html


2016.2 ようやく白湯シリーズを戴くことができ (*^_^*)

あご璃塩 850
a0023855_21241050.jpg
焼きアゴスープと鶏&豚白湯のWスープ
塩ダレが生み出す 全体的な味のまろやかさ
焼きアゴは 中加水の麺を啜るときにほんのり香る心地よさ
やはり優しいですね。。。丁寧さが伝わってきましたvvv


2016.1 新年のご挨拶に
年末実施されていた鶏白湯シリーズが食べれなかったことを後悔しながらも
a0023855_18175912.jpg
追い煮干し 大盛 650
相変わらずのやさしいスープ 滋味深い味!!


2015.6 6月一杯の限定メニュー 浜潮
a0023855_20583358.jpg
国産の夢絆という小麦を使用
ハリのある平麺 塩にキレを感じ
スープを飲み干すまで 飽きのこないバリエーション
どうやら最後の一杯だったよう 阿部おかあさん、ありがとうございました!

2015.6 一晃亭さん5周年おめでとうございます!
日々進化 今回は 塩の行きつくところに
a0023855_01175598.jpg
裏塩
細麺と太麺と2種類 打ち立ての麺で提供していただきました
これが完成すれば、表の塩ラーメンとして登場するんだと思います。
スープは昆布の表立った旨みをしっかり感じ
塩ダレに塩の締まりに加え甘みも感じる。甘みの秘密は=○ら○でした。
なるほど、旨み・甘み・塩味などの味がバランスよく
2種類の肉も存在感抜群!
そして何より 今回は蟹あん。これをスープに溶くと素敵に味変
トッピングが主張し過ぎず 全体の線からブレずに変化していくという
今までで一番クオリティの高いラーメンでした。
36%の加水率の麺が、どこまで熟成しバランス良くなるか。
でも低加水でもへこたれなかったので、すごく満足でした!!

限定は続くよどこまでも
a0023855_00200120.jpg
はまつけ
濃度あるスープ 蟹の個性を上手に活かそうという気迫が伝わるテイスト
スープ個性重視ゆえに かえしをおさえてあるぶん 持続力がないので
添えられている 蟹スープ加えて味わいUP
加えて ブラックペッパー効いたオイルで臭みも上手に消され
素材の旨みを随所に感じる一杯  麺は旨みを十分に感じました
a0023855_00194727.jpg
潮味鶏

前回いただいたはまとんを軽快にした感覚  鶏ですね。

2015.1再訪
a0023855_00081777.jpg
はまとん 880
命題のカニエキス使用です (*^_^*)
豚骨と蟹が融合 具材の一つ一つに蟹のエッセンス
やや濃度感じつつも 蟹スープ投入でサラリ 沸点も高し! アッツアツで食べれました!
生臭みを抑えつつも蟹の旨みが随所で炸裂
多加水の太ちぢれ麺も、通常のラインアップでは使用しないスタイルだっただけに面白く

考えますね~~ (^◇^)

からの、
a0023855_00125559.jpg
野菜味噌 以前にも画像が上がっていたようですが
太ややちぢれ麺でモッチリ 以前より伸びにくくなっていました
野菜たっぷり 味噌の旨みも増して ひき肉を溶くとまた味わいが変化しますね。
a0023855_00155841.jpg
そして 汁なし麻婆麺
メニューにはありませんが、頼むと作ってくれます (*^_^*)
四川とはまた一線を介す、、、スープや具材からの旨み際立つ一杯!
山椒のほかにも中華香辛料が使用されており、ジワジワ汗もかいて食べ進みます!!!!!
鶏の特別スープも付いてきて、これはまた旨みあって美味。
豆腐からの水分が多少出てきたので、ややスープっぽく麺を絡ませながら さすがの完食
麻婆丼でも食べてみたい。そのへんの中華店顔負けの一杯に仕上がっちゃっているなあと感服

セットで付けたチャーハンが、これまた絶品でした!!!!!!!!!!!!

2014.11再訪
極み鶏 中盛無料
a0023855_14120519.jpg
卵麺というコンセプトの中、低加水の長い細ややちぢれ麺 角が立っています
やさしい鶏の味わいに ポルチーニの香味油だそうです
鴨の肉がとってもジューシー。口の中に旨みが広がります
青山椒も爽やかに。 卵麺とすれば、丸麺のモッチリとした感じでもいいのかなと
噛むごとに味わいを感じる、的な。
店主のこだわりがたくさん感じられる一杯でした (^o^)丿

2014.9再訪
コマチ限定 いわし煮干しづくし 800
半わさびチャーシュー丼 
a0023855_23262773.jpg
そのまま食べて良し! 薬味・いわし油 そしてラストの割りスープ=エキス注入 入れての味変あり!
楽しさ満載の一杯でした!

2014.5 再訪
BSNさんで取り上げられ、WEEKさんでも大々的に紹介され
いまや注目のお店となった一晃亭さん。
a0023855_00575411.jpg
追い煮干し 650 普通盛
以前に訪問した時と麺が変わっていました。かなりのウェーブ。細麺ですね。
煮干の味わいもパンチ増しています。低加水ですが、やや硬めに茹でてあるので
食べ終わるころには丁度良くフィニッシュ。延びやすいので早く食べないと!
a0023855_00580845.jpg
限定 MISOバジル  850
創作系ですね~~ (*^_^*)
最初からバジルがバッチリ効いてくるのですが、口に入れると・・・味噌だ。
肉にはチーズが絡み、生ハムとアスパラ、トマトが遊び道具になっていますね。

知人のKさんと店主阿部さんがサッカーの繋がりだったり。麺仲間の皆さんが激推しだったりで。
今度は是非、長岡で飲みましょうということで m(__)m
次回は、メニューにないものを頼んでみようvvv 今後の限定も含めて、楽しみです!

2012年にOPENしていた、寺泊海岸道路沿いにあるお店。
以前はどさん子だったそうで、まったく気付かなかった俺。カーナビに出てるじゃん。
そうなると、県内でどさん子からの独立ムーブメントが!?

近いからいつかは行ける・・・
遅ればせながら、2013.4 初訪です。 (>_<)

今日はお酒を飲まない! そう決めて夜に味わいに行くと、
そこは寺泊町おっちゃんたちの社交場!

うるさいわ、タバコ臭いわ。
でもね、この立地だししょうがないですよ。飲みに行く場所が少ないんだから!
俺なら普通に飲みにくるし、〆にラーメン食べますよ。
一品メニューも結構ありますし。

最初はカウンターに座ったのですが、
何故か途中で、座敷の2人と場所を変わってくれと言われ。2対2で場所チェンジ。
意味が分かりません。理由の説明も無し。(>_<)

しばらくして登場 ↓↓
a0023855_2141683.jpg
追い煮干し 600 大盛無料

おそらくOPENから改良されてきているんだなあと思わせる作りです。
スープの品ある煮干感。そこに表面を上手に覆う油。
この油の使い方が巧みvvv

麺は自家製麺なんですね。入口に製麺機が置いてありました。
全粒粉の味わいたっぷりで、麺も旨みがあります。
低加水なので、俺のようにゆっくり味わっていると麺が増えていきます。(+_+)
肉も柔らか! 中がしっとりとして美味です。
スープが無化調? &上品に作られているぶん・・・ 

タレをもっと強くしたほうがハッキリしてくるのかなあ?
グッと締まったタレで押してきたら、全体もグッと締まってくるのかなあと勝手に想像。
a0023855_21405821.jpg
野菜味噌 700 大盛無料

太麺ですよ モチモチしていいですね~
スープもトロリとして感じよいです。太麺によく絡みます。
優しい味噌の口当たり。甘みも感じます!

俺は、一口だけ味見しただけで終了~。 と、
連れがヒトコト。食べ進むごとに味が薄くなってくるんだけど。  え?
そんなラーメンあるわけないじゃん。薄めるラーメンなんて存在しない (--〆)

まさか。俺が最初に食べた時のスープの味と、
最後に残りをもらった味で、ほとんど口当たりが変わっていない。。。
麺は、かなり液体吸ってる感満載。

ということは。
追い煮干と同じ現象。デスカ。

スープの繊細さゆえ、タレのパンチを。

店主の熱意を聞いてみたくなる、想像的な一杯。御馳走様でした!!
再訪してもう一度、事の真相を真剣に試してみたいと思います!
今度は昼にvvv しかも、麺は普通盛りで真剣勝負だ~


11:00~15:00 17:00~21:00
水曜休

長岡市寺泊上田町9765-7


[PR]
by kikizakeshi | 2017-06-18 12:11 | RAMEN(長岡) | Comments(0)

【577】KAEDAMA@長岡

しゃがらさんがいよいよ長岡に進出! しかも夜の部だけだって。
そんな噂や立ち上がりで 昨年の7月にOPEN。KAEDAMAさん。

東京の一蘭さんインスパイアということで、駅近でなくて 川崎のあの場所で
そのコンセプトは絶対に合わない!ということで 様子を伺っておりました、が。

OPENしてもうすぐ1年経過。いつの間にか昼営業も始められ、
ようやくの初訪と相成りました(^.^)
a0023855_18310992.jpg
大きな声で、いらっしゃいませ~と言われ入店。お忍び感はないんですね(^.^)
どうもで~すという感じで ひとりづつ仕切られているスペースに着席して。

跳ねる水を注ぎ、本当にすっごく跳ねて(+o+)
a0023855_18323851.jpg
ボタンを押して、、、と思ったら、お好みを紙に書いてくれと(+o+)
はい。書きまして押しました。チャルメラの音楽が店内大きく鳴り響く! 
a0023855_18313802.jpg
らーめん 680

泡立っています。スープとタレの合わせ方が気になります。
寸胴も見てみたい。なにしろ一蘭形式ですから、厨房も見えませんし~。

替え玉は2回まで10円で可能。3回目からは+100円だそうな。
1回替え玉で TOTAL180gですから、
680+10円=690円が満足の基本線なのかな??

700円で270gとすれば、かなり満足&お得感出てくるかもですね。

替え玉一回してみました。ボタンをぽちっと。硬めでm(__)m
a0023855_18320849.jpg
別皿の麺は、すぐにくっつくので 速攻丼に入れたい感じ。冷めないうちにね。

スープもしっかり豚骨テイスト。
麺は硬めオーダーでも 多少柔らかめ茹でですが想定内です。

帰るタイミング。大きな声で 有難うございました~~♪ とスタッフさん。
やっぱり、一蘭のイメージにあるプライベート感は求めてないのね?

女性でも気軽に入れる&人に干渉されない、みたいな感じで想像していたから。
そうなると、一席づつ区切る必要性があるのかどうかさえ。(まあいっか)

九州豚骨の味わいを気軽に楽しめるし(^^)
なんだろう?あの味わい。飲んだ後に食べたくなるという勝手なイメージは。

11:00~15:00 17:00~23:30LO
長岡市川崎町1278-2


[PR]
by kikizakeshi | 2017-06-12 19:32 | RAMEN(長岡) | Comments(0)

【576】おこじょ@西区小新

なおじ店舗、なおじ2号→赤なおじ→みそらからのマイナーチェンジ。
同じ味噌をメインに据えた
その名もおこじょさん。北海道の名店、純連・すみれ系インスパイアです。
a0023855_17114272.jpg
札幌MISO 690
厨房からはものずごい火柱が上がっていました!
ラードをバーナーで炙っていた模様。
札幌&ラー博で食べたあの純すみ系の衝撃!
前歯の裏をやけどするパターンだな(^O^)と。

同行者にも、熱いから気を付けて!と前置きした割には・・・
妄想よりも熱くなく(+o+) 少々拍子抜け。たまたまだったと思う。

太麺で味噌の味もしっかり濃いめ。
鶏そぼろプラス2種類の肉が載り、なんとも豪華(^u^)
a0023855_17115486.jpg
子連れで行くと、なおじ店主が気をきかせてくれて
あらかじめ小さい器に 別盛で取り分けてくださいました m(__)m 感謝

実は、今回初訪したきっかけが、、、↓↓
a0023855_17110720.jpg
濃厚辛ビリMISOラーメン 780 辛さ増し 痺れ増し

なおじ店主に 辛いですよ!大丈夫? と言われましたが
そこ狙ってメニュー化したんじゃないんかい!? とツッコミたくもなり

本家・神田にある鬼金棒さんのカラシビ味噌らー麺
MAXにチャレンジし大汗掻いて大満足し、
そのインスパイアなら是非食べたいのですと思ってきましたと(^O^)
なおじさんには言わなかったですが。

カップ麺にもなっていたので、食されたかたも多いのではないかと思います。

さて、その味わいですが。素敵にインスパイアされていますね。
結論=美味しく頂きましたm(__)m
異なる点は、ソコまで辛くない&熱くない。味噌の味わいが濃い。
合わせ味噌の複雑さが本家にはありました。
本家は、冷房空調がガンガンで、冷風で発汗すら抑えていたという凄技(^.^)

なおじさんの作品も、旨みと辛み、そして表面の痺れにゴワ太麺が絡み、
汗が止まりません(^O^)/  ティッシュかなり使用。。。

欲を言えば、先出の味噌同様に、もう少しアツアツスタートが嬉しく
ハッフハフで頂ければ、熱さも辛さも最大限に楽しめたのかな~と。

なおじ店主常駐?の店舗だけに、また今後も食べ手を楽しませる様な
面白いチャレンジが期待できそうです。

11:00~15:00 17:00~21:00
火曜休

新潟市西区小新西3-3-1


[PR]
by kikizakeshi | 2017-06-12 18:11 | RAMEN(西区) | Comments(0)

【575】伝丸@西堀ローサ

2015.6 OPEN 場所は西堀ローサの中

子供のころは大勢の人でにぎわいを見せていたローサ。
市役所が移転し、大和がなくなり。NEXT21の賑わいもいつのまにか。

10年ぶりくらいかな?地下に降りたのは(+o+)
新潟島出身としては、やはり古町や本町、西堀含めて今一度賑わいを!
と思ってしまいます。

そんなローサの、かなり下手のほうに居を構えるのが伝丸さん。
夜は飲みもでき、しかも日本酒も楽しめるみたいで。
なんとも仕事アフターの利用には嬉しい感じかなと。
a0023855_16200084.jpg
ラーメン  細麺 680
黒OR赤を選びます。 黒はマー油。赤は辛味噌かな?
麺も選べます。細麺OR太麺。 豚骨イメージで細麺にしました。
その細麺は、九州の極細ストレートとはまた異なる モッチリ系の細麺。
スープも 豚骨の獣っぽさを抑えたやさしいというか炊かないというか
非常にlightなテイスト。 マー油も色ほどロースト感がなくしつこくない。

とにかく全体的に軽快な作り それでバランスが取れています(^u^)

平日のランチタイムは半ライスが無料
セットものも充実してリーズナブルなので 腹ペコ派には嬉しいかもです。
日替わりもあるし。
伝ラーメンなる、あっさりとした味わいのものもありました。

あのスペースで みんなで飲んで 最後に〆のご馳走を。いいですね~♪

11:00~15:00 17:00~22:00
第1.3月曜休  
新潟市中央区西堀前通6-894-1 西堀ローサ内


[PR]
by kikizakeshi | 2017-06-12 16:51 | RAMEN(新潟) | Comments(0)


新潟県内のラーメン店を食べ歩きした記録を記憶。(つばめ@ラーメン兵)


by kikizakeshi

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

【585】結城食堂@長岡飯塚
at 2017-08-17 22:53
【232】つるり@小千谷
at 2017-08-10 12:00
【584】南葉ロッジ@上越
at 2017-08-09 23:10
【335】あじと@長岡
at 2017-08-09 23:00
【262】円満@長岡大島
at 2017-08-09 09:13

ブログパーツ

カテゴリ

全体
RAMEN(新潟)
RAMEN(東区)
RAMEN(西区)
RAMEN(江南区)
RAMEN(秋葉区)
RAMEN(西蒲区)
RAMEN(下越)
RAMEN(村上)
RAMEN(新発田)
RAMEN(阿賀野)
RAMEN(五泉)
RAMEN(加茂・田上)
RAMEN(燕)
RAMEN(三条)
RAMEN(見附)
RAMEN(長岡)
RAMEN(柏崎)
RAMEN(小千谷)
RAMEN(十日町)
RAMEN(魚沼)
RAMEN(中越)
RAMEN(上越)
新潟県外ラーメン
麺屋 pick up
ラーメン普段食い
雑談トピック?
新潟グルメ(麺以外)
新潟スイーツ
蕎麦食い
未分類

簡単リンク

最新のコメント

> 崖フチ子さん たま..
by kikizakeshi at 10:05
> 崖フチ子さん そう..
by kikizakeshi at 09:54
琥珀中華は傑作ですよね。..
by 崖フチ子 at 07:01

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
more...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北陸
食べ歩き

画像一覧